メニュー

セラミックファイバー炉の問題点 | セラミックファイバー炉,工業炉,設計施工

Ftec-TMからの提案

セラミックファイバー炉の問題点

セラミックファイバー炉の問題点

figure_01.png
  • 収縮が進んだ(目地開き、厚みの減少)
  • 外壁温度が高くなった(目地からの熱リーク、損傷・劣化等)
  • 修理が難しい(詰め物が落下、結晶化)
  • 粉塵の発生がある(ボロフリ、施工時の曝露作業)
  • バーナータイル、煙返しなどの煉瓦・キャスター部分が割れやすい(解放散・燃焼効率低下)
  • 修理回数が増えている。
  • 熱効率が低下している。

具体的な補修法を提案

figure_02.png
  • 1200℃まで収縮しない結晶化アルミナファイバーシートの利用
  • プレカット(PK)モジュールによる充填・補修
  • スプレー下地処理による炉壁面の安定化
  • 目地開き部、損傷部への高温接着剤の充填による放散熱の低減
  • 耐熱セラミックピンによる支持

期待できる効果

  • 放散熱の低減
  • 作業環境の改善
  • シール性の向上
  • ボロフリ発生の抑制